ホーム   >   To Casaの標準仕様

To Casaの標準仕様

次世代も快適に暮らせる環境仕様

注文住宅では、お客さまにご提案をする上でのベースとなるプランや標準仕様があります。

To Casaの低燃費住宅では、住まう家族の健康や快適さを考え、断熱性能や気密性能を重視しています。そのため、Heat 20 G2仕様を基準として、住宅先進国ドイツを超える断熱性能、気密仕様を標準仕様としております。一般的なハウスメーカーの仕様と比べるために「超」高気密、「超」高断熱と表記させていただいております。

家づくりの話の中で、もともとの標準仕様が不十分で住宅性能を上げていくと、追加金額が発生して予算をオーバーしてしまったり、あきらめてしまったりするケースがあると聞きます。標準仕様で高い性能基準とすることで、予算オーバーをしないようにして、金額についてもこれまでの実績、メーカーとのお付き合い、知恵と工夫を持って、お客さまに無理のないように努力したものとなっております。

標準仕様での高い住宅性能を標準仕様とすることで、快適に健康的に住むことができるだけではなく、住まわれてからの光熱費が抑えられることでトータルでの費用が安くすむなどメリットが多くあります。

ただ性能の高い建材を使えばいいというものではありません。誤った知識と技術では本来の性能は引き出せず、逆に結露やカビ、壁体内結露を引き起こし不健康で弱い建物にしてしまいます。良質な材料を使い、きちんとした設計と施工をすることで、快適で健康的な生活を過ごすことのできる家ができるのです。

トリプルガラス 樹脂サッシ

トリプルガラス ダブルLow-Eを採用

内外2枚をLow-Eガラスで構成したトリプルガラスを標準採用。
国内最高クラスの断熱性能、ダブルLow-Eトリプルガラスで構成された堅牢な樹脂サッシです。気密性能はJISの最高等級を大きく上回り遮音性能にも優れています。アルミなどの金属を開口部で使うと結露をするため当社では使用しません。

ダブルLow-Eトリプルガラス

ガラスの総厚は39mmに設定。
[表1]から見てもわかるように、空気層厚を大きくすることで、断熱性能が高まります。

ガラス空気層別熱貫流率(Ug値)[表1]

ガラス空気層別熱貫流率

※本データは、日本板硝子㈱製トリプルガラス(グリーン)を使用した場合の値です。
※アルゴン、クリプトンの含有率は85%にて計算。
※熱貫流率(Ug値)の数値は、JIS R3107-1988に基づき計算した値です。
※品種、サイズ、地域等によりガラス空気層厚並びにガラス総厚が変わる場合があります。

木質系玄関ドア

木質系玄関ドア

高断熱 木質系玄関ドア スウェドア

洗練された北欧デザインと豊かな木の質感が、やさしい家の顔を演出します。
複数枚の単板とアルミ板で重ねた多重構造が、高い断熱性、遮音性、強度を実現します。

高い防犯性

1ドア2ロック構造。警察庁、国土交通省、経済産業省が、侵入犯罪の防止を目的に建物部品関連の民間団体とともに設置した官民合同会議により、スウェーデンドアは「防犯性能の高い建物部品」として、CP (Crime Prevention:防犯) ドアに認定されました。

※玄関ドアの熱貫流率は0.943W/㎡・K

自然素材の断熱材

自然素材の断熱材

羊毛系断熱材 ウールブレス

高温多湿な日本の気候に適した調湿性と「冬暖かく・夏涼しい」という快適性を備えた断熱材です。ニュージーランド産のウールからできた自然素材の断熱材で、気温と湿度に合わせて水分を調節する調湿性に優れた健康素材です。カビやダニ・白アリが発生する環境を作らず、撥水性や耐久性にも優れ、長期間劣化することなく家の土台となる構造躯体を内部結露から守ります。
また、ウールブレスは、ホルムアルデヒドなどの有害物質を発散しません。アレルギー発症の抑制やヒートショック対策にも有効な断熱材です。

  • シックハウス対策 規制対象外商品
  • 防湿層なしで施工ができる防露認定を取得

※熱伝導率0.040W/㎡・K

外張断熱について

外張断熱

50mm、75mm仕様を施工しております。

調湿気密シート

調湿気密シート

調湿気密シート ウートップ

引張力に強く耐裂性のあるガーゼ素材となっており、余分な空気の流れを止め、暖かい空気の流出を防ぎます。さらに、壁内の断熱材の結露を防ぎ、断熱効果を維持します。

内装下地材

健康に配慮した内装下地材 ハイクリン性能石膏ボード

ハイクリン性能石膏ボード

内装下地材として使われる石膏ボードにハイクリン性能(ホルムアルデヒド吸収分解性能)を付加したものを使用しています。学校・病院・老人ホームなどの健康に配慮した建物でも数多く採用されています。
有害物質ホルムアルデヒドを短時間で吸収分解し、再放出させません。

温度が上昇しても
ホルムアルデヒドの発散を抑制

タイガーハイクリンボードがある場合とない場合で、ホルムアルデヒド発散源となるフローリングを入れた容器内の濃度を測定。ありの場合、温度が35℃まで上昇しても、発散の程度をF☆☆☆☆建材相当に抑えることができます。

タイガーハイクリンボードがホルムアルデヒドの発散を抑制

床断熱

基礎断熱

玄関・ユニットバス・土間まわりの断熱。冷気の逃げやすい玄関周りや浴室の基礎には断熱材を入れて施工しています。(ネオマフォーム80mm)

熱交換換気システム

熱交換換気システム

第1種顕熱型熱交換換気システムを採用しています。室内で温めた空気を使い吸気される空気と熱交換することで換気によるエネルギーロスを抑え冷暖房費を削減します。

木材 国産材(地域材)

茨城県産 八溝杉

茨城県産 八溝杉

住宅の主要部分にあたる木材には県産材を使用しています。輸入された木材でも良質なものはありますが、当社では地元茨城で育成された良質な材料を柱に採用しています。

次世代も快適に暮らせる環境仕様

BELS ZEH
HEAT20 仕様
気密性能(C値)0.5㎠/㎡以下
断熱性能(UA値)0.3W/㎡K以下

全棟耐震等級3相当・長期優良住宅認定仕様

全棟耐震等級3相当・長期優良住宅認定
全棟耐震等級3相当・長期優良住宅認定
全棟耐震等級3相当・長期優良住宅認定

To Casaの家づくり 5つの約束

To Casa 低燃費の家 宿泊体験できる展示場
【牛久市】Ua値0.28 平屋住宅 オープンハウス開催
【2棟同時開催】坂東市・つくば市オープンハウス開催

ご相談・お見積もりはお気軽に

0297-21-3838

受付時間:10:00〜18:00 定休日:水曜・木曜日
電話や訪問などの営業は一切いたしません。